見落としがちなリフォーム現場調査のポイント

リフォーム現調のポイント(バスユニット編)

昔のバスユニットやタイルの浴室から新しいバスユニット交換する際に注意する点の一つとしては給湯器の循環金物があります。

循環金物とは浴槽と給湯器を繋ぐ浴槽側に取付ける金物で、自動でお湯はりや追炊き機能が付いている給湯器には給湯器と浴槽内にお湯を循環させるための金具 です。

意外と見落としてしまう事がありますが、昔の給湯器には循環金物が2つのある場合があります。

2つ穴の循環金物の場合、新しいバスユニットに交換する際、メーカーの方で対応してくれない事がありますので、2つ穴の循環金物場合、予めお客様にお話しし、給湯器交換も見積書に含ませた方が良いでしょう。含まれていないと最悪の場合、無料で交換しなければならなくなったり、聞いてないなどトラブルになる可能性もありますので。小さい部分で見落としがちですが、気付けて確認しましょう。

関連記事

バスユニット 循環金物

電気 分電盤

電気 単三切替え

フローリング編

外部水道工事編

リフォーム工事の場合、少し使用するのに延長コードやドラムなども用意するって意外と面倒です。リフォーム工事後の清掃にあると便利です。