住宅プレゼン・3D関連

リノベーションの営業に断然有利なプレゼン提案

以前、リフォームの営業をしていた頃、某見積りサイトとお客様が購入なされた中古物件の不動産屋さんの紹介を含め8社、合見積もりという案件がありました。最終的に8社の合い見積もりからお選び頂き契約となりましたが、契約の決め手となったのは間取りの提案とプレゼンボードでした。

リノベーションの営業を始めた当初のプレゼンボードはお客様からお預かりした図面をJWCADで制作し直し工事項目を記載し見積書と一緒に提出するという感じでした。今、考えると説明する業者側は分かりますが、建築経験者でもないお客様は平面図だけでは説明されても、なかなかイメージできないと思います。

その後、3Dcadを導入し、平面図だけではなく、完成イメージの画像を制作するようになり契約率が格段に上がりました。当初はあまり上手なプレゼンボードではありませんが、完成イメージの画像を追加しただけでもお客様の反応が「分かりやすい」や「ここまでやってくれるんですね。」という反応に変わりました。

過去の経験からリノベーションは3Dcadによる完成イメージ画像を制作する事で他社と差別化でき、断然有利になります。画質がキレイなほどお客様の印象は良くなりますが、ここでご紹介させて頂いているウォークインホームやアルタなどは価格も高価ですので、安価なCADでもイメージ画像を制作する事をおススメします。契約率を上げる為にも是非、導入を検討して下さい。

パソコンが苦手という人に制作代行承ります。

関連記事

営業3DCADは必要か?

3D空間撮影・VRパノラマWEB

ウォークスルー対決!!

リノベーションの営業には欠かせないプレゼン提案!!

ウオークスルーおススメの活用方法