住宅プレゼン・3D関連

ウォークスルー対決!!写真VSCG

現在、ウォークスルー動画は写真でもCGでも制作する事ができます。採用する際にはどちらか選ぶ事ができますが、どちらが良いのでしょうか?比較してみました。

写真(メリット)

  • 実際の家や店舗を撮影するので画質がキレイで細かい部分もリアルに再現できます。

写真(デメリット)

  • モデルハウスや店舗などがないと制作できず、より良く見せる為に家具や雑貨などを配置するので、その費用も余計に掛かる。
  • 撮影の立ち合いなど時間をとられてしまう事がある。
  • 見学会場の様なお施主様から撮影場所を借りる場合、家具の搬入時にキズが付くなどのトラブルになる可能性もある。

CG(メリット)

  • 図面だけのやり取りで済み、家具や雑貨なども費用が掛かからず、自由に配置できる。

CG(デメリット)

  • 写真に比べるとCG感は出てしまう。
  • 複雑な物件になるとCADが対応できない事がある。

どちらもメリット・デメリットはあります。写真は画質は良いですが、撮影場所や家具、雑貨という費用の問題が出てきます。一方、CGは写真に比べると安価に抑えられるますが、画質が下がる事や複雑な間取りになるとCADが対応できないなどの問題は出てきます。下記にサンプル動画を添付しますので選択の時の参考にして下さい。

サンプル

写真 (3D空間撮影)

CG(3Dバーチャルツワー)

モデルハウスや見学会場で撮影ができるのであれば、写真のウォークスルーがおススメです。ただ見学会の期間中にホームページなどに掲載してしまうと、お客様がウォークスルーで満足してしまい見学会に人が集まらないケースもありますので注意が必要です。モデルハウスや家具にあまり費用をかけてくない方や家具のセッティングに時間がない方にはCGのウォークスルーがおススメです。これから高い費用をかけてモデルハウスの建築を検討される方、CGという選択肢もありますので一度、検討して下さい。

パソコンが苦手な人や価格的にそこまでは、という人には制作代行します。

関連記事

営業3DCADは必要か?

3D空間撮影・VRパノラマWEB

ウォークスルー対決!!

リノベーションの営業には欠かせないプレゼン提案!!

ウオークスルーおススメの活用方法